料理や食のエキスパートを目指そう│専門学校で育成DELIプロ

調理

選ぶときは学費にも注目

総額を計算しておく

調理

料理のプロを目指すのであれば、できるだけトータルでかかる費用を計算しておくことが大切です。実際に調理を学ぶ場合、調理器具から設備、材料費など様々な部分に費用がかかってくるので、他のジャンルの専門学校よりも少し高くなる傾向があります。2年制の専門学校の場合、初年度と2年目で学費に違いがあることがほとんどなので、2年間トータルでいくら必要なのか事前に計算しておくことが大切です。料理の専門学校の資料請求をした時に、費用の内訳や詳細が記載されているパンフレットももらうことができるため、様々な料理専門学校から資料請求をして比較しながら決めることが肝心でしょう。学校によって、入学案内書やパンフレットに記載されていない部分で費用がかかってしまう場合もあるので注意が必要です。

学費だけで決めない

料理の専門学校を選ぶ場合に気になる学費は、費用の高さや安さだけで安易に決めないように注意が必要です。カリキュラムや講師、就職サポートなどをトータル的に判断しておくことが大切なので、将来どのジャンルの料理をするか、将来どのような仕事に就きたいか明確にしておくことも大切です。自分の将来と専門学校で学べる内容、無理のない学費であるかどうかを総合的に考えるのが良いでしょう。基本的に設備が整っている学校や講師陣に有名なシェフやパティシエがいる学校の場合費用は少し高くなると言われていますが、その分質の高い技術や知識を身につけることができるといえます。